ローランド ディー.ジー.株式会社 様

世界8拠点の経営データを集約し、リアルタイムなグローバル経営環境を実現
世界中の売上や在庫情報の統合管理を実現、分析力を強化し国際展開を加速

写真(右&中央):ローランド ディー.ジー.株式会社ご担当者様とグローバルウェイ 渡辺(左)※詳細は下部へ

世界屈指のデジタル技術を誇るコンピューター周辺機器メーカー、ローランド ディー.ジー. 株式会社(以下、ローランドDG)。近年は、「大型プリンター」、「3D」、「カッティング・マシン」などの最先端技術を用いた製品を提供しています。日本全国にある事業所に加え、世界に子会社を設置し販売流通網を構築しています。この度、ローランドDGは、事業の世界展開を加速させるため、グローバルな経営情報を可視化し迅速な意思決定を実現するための新たな情報基盤の構築に動き始めました。
新たな情報基盤の中心となるグループ統合データ管理システムの構築にあたっては、クラウド型アーキテクチャを推奨したグローバルウェイを構築パートナーとして選定し、システムの構築に着手しました。北米、ヨーロッパ、およびアジア・パシフィック地域など世界中のローランドDGグループ企業の関係者と協力しながら、現在は日本本社を含む8拠点のERPをつなぐ情報基盤を実現しています。
そして更なる情報活用のために、グループシステムへ情報基盤の適用範囲を拡大しています。

ローランド ディー.ジー.株式会社
設立:1981年5月1日
本社所在地:静岡県浜松市北区新都田一丁目6番4号
事業内容:コンピュータ周辺機器の製造および販売
資本金:3,668,700,000円 東京証券取引市場第一部 上場
URL:http://www.rolanddg.co.jp

導入の背景と課題

業務背景

  • 海外8拠点で異なるERPシステムを保有し、データ形式も異なるため情報の集約に膨大な工数を費やしていた
  • グループで活用するシステムを構築するにあたり、標準化されたデータモデルやコード体系が必要となった

求められた解決策

  • 世界各国の異なるERPからデータを抽出し、標準化されたデータ・モデルに変換できること
  • 新規アプリケーションや周辺システムが、情報基盤に格納されたデータを柔軟に活用できるよう、RESTやSOAPインタフェースでデータを提供できること

世界8拠点をつなぐ、情報基盤

情報基盤構築のポイント

子会社のERPを活かしながら、各地域の販売実績情報を統合

世界各国の子会社が保有するERPには、現地の文化や商習慣に基づいたカスタマイズが施されているため、各国のERPは活かしつつ、それらのシステムを疎結合に繋ぐことで情報の統合を実現しました。

データモデルを標準化し、コード変換機能を準備

ローランドDG社は地域ごとに異なるデータモデル・コード体系が存在していました。それらを標準体系に変換することで、ビジネス活動を俯瞰的に捉えることが可能になりました。

億単位の大量データから、必要なデータの参照・更新

統合データツールのTalendを開発に利用し、集約したファイルの入出力に、莫大な保存データ量を感じさせないような参照・更新の処理スピードを提供できています。また、情報基盤に蓄積された情報を自由に活用できるようAPI提供を視野に入れ、他のシステムとの連携を容易にすることで、情報活用を促進しようとしています。

お客様の声

「ITシステムの話だけではなく、ビジネスの話も出来たことに驚き、そして嬉しく感じました」

わたしたちは、情報基盤の構築がゴールとは考えていません。これはファーストステップであり、統合されたデータを提供できれば、マーケティングや経営レベルで活用し、顧客満足の向上と売上の向上につなげることを常に考えています。
その点において、グローバルウェイとはIT技術の話だけではなく、経営の目線で導入目的と効果を議論した上で解決案を導くことができ、大変嬉しく感じました。

ローランド ディー.ジー.株式会社
グローバル情報サービス本部
本部長 David様


「データの管理手法について、とことん追求してきました。そして今、次のステップに進もうと話し合いを進めています」
ようやく各国のERPの情報が集約できる情報基盤を整備することができました。今後はこの情報基盤を土台として、グループで活用できるシステム構築に着手し、経営レベルでグループのデータ活用ができると考えております。今後の更なる情報基盤の拡張についてもグローバルウェイのVoxerソリューションには大きな期待をしています。

ローランド ディー.ジー.株式会社
グローバル情報サービス本部
情報サービス部 部長 藤原様


Globalway Tech担当者より

「これからの活用フェーズもさらに強力に支援していきます」

今回、わたくしはデータ連携開発フェーズを担当させていただいています。
ローランドDG様のプロジェクトの中で、お客様からアジャイル型プロジェクト宣言があったことはとても特徴的だと感じています。わたしたちVoxerチームもお客様のプロジェクト体制に組み込んでいただいたことで、タスクや課題をすぐに共有していただくことができました。その結果、ローランドDG様のチームの一員として、高い生産性で開発に参加できています。
これからは、弊社の運用・保守チームも加えて、ローランドDG様の情報システムの活用フェーズまでさらに強力に支援させていただきます。

株式会社グローバルウェイ
ビジネス・ウェブアプリケーション事業部
テクニカル・コンサルタント 大高

Voxer with Talend ~VoxerのDMP導入サービスのご案内~

今日、グローバル企業においてデータモデルの標準化や散在するデータをリアルタイムに統合する仕組みは、的確かつ迅速な意思決定を実現するための必須テーマとなっています。私たちは、データ管理領域における長年の経験で培ったベストプラクティスをTalendソリューションに組み込んで提供することで、グローバル企業の「データ指向経営」を支援しています。

導入事例一覧に戻る